相手に失礼に思われない為に!内祝いのマナーを把握する

内祝いで考える事

喜ばしい出来事のお祝いや、お世話になった方へのお礼等で内祝いを贈る機会があります。贈る商品に悩む方も多いですが、出来事の内容によって贈る際のマナーがある事も確認し、失礼のないようにしましょう。

出産祝いのマナー違反!内祝いのワーストランキング

内祝い
no.1

高価過ぎる物を送った

金額による不満は最も多い内容です。内祝いには「半返し」の習慣があるため、頂いたお祝いの3分の1~2分の1が相場とされています。良かれと思って高価なものを選んでも、必ず喜ばれるわけでは無いようです。

no.2

挨拶状がなかった

金額の次に多い不満は挨拶状やカードがなかった事です。感謝の気持ちや近況を伝えるために、品物に添えて贈る必要があります。

no.3

のしや包装がなかった

のしや包装がない状態であれば、受け取った側としても、何に対する物なのかわかりづらくなります。感謝の気持ちを伝えるからこそマナーや作法を調べるようにしましょう。

相手に失礼に思われない為に!内祝いのマナーを把握する

ギフト

出産内祝い

出産祝いを頂いた方へはできるだけ早めにお礼の手紙を送るのが良いですが、産後は慌ただしいため電話でも構いません。連絡をすることで、送り主がお祝いの品が届いていることを確認でき安心します。お礼の品として送る内祝いは産後1ヶ月~2ヶ月以内に届ける事になります。昔からの習慣として、お祝いの半分から3分の1の金額でお返しする「お祝い半返し」という習慣があるのを覚えておきましょう。

ギフト

結婚内祝い

結婚式に招いた方に引き出物ではお礼が不十分だと想う場合や、招待できなかった方へ内祝いを贈ります。本来ならば実際に足を運びお礼をするべきですが、遠方の方や相手の都合によっては手紙や電話でも構いません。内祝いの時期は挙式後1ヶ月以内とし、お祝い半返しとして、頂いたお祝いの半分から3分の1の金額でお返しします。

男女

快気内祝い

病気や怪我など長期の入院等の時にお見舞いに来てくれた友人や、お世話になった方に報告の意味も込めお返しを贈ります。お礼をする時期の目安は退院後10日後と言われてますが、全快し本調子を取り戻してからでも構いません。退院後の近況や、感謝の気持ちを伝えるためにメッセージを内祝いの品に付けると、相手もより安心するでしょう。

ギフト

のし紙のマナー

それぞれの内祝いにつけるのし紙にも気をつける必要があります。出産は何度あっても良い事なので「結び目を結び直せる」紅白花結びで水引5本の物を使用します。逆に結婚の際は「一度結ぶとほどけない」結び切りという物を使用します。結びや水引の本数、名前書きにも意味があるため、失礼の無いようにそれぞれの内容を確認して正しいものを送るようにしましょう。

出産報告での注意点

レディ

目的に合わせる

喜びの大きい出産ですが、自分だけでなく先方の状況も考慮する必要があります。出産を一緒に喜んでくれたから、仕事を変わってもらえたから、連絡を取り合っているからなど、なぜ相手に伝えるのかを考えそれぞれに沿った形で報告するようにしましょう。

親族には早めに報告

孫を心待ちにしている両親へは、状況が落ち着いたら早めに連絡します。深夜などの時間帯が気になる時はメール等で間接的に伝え、その後電話で子供の様子を伝えるのも良いでしょう。

お世話になった友人に連絡

妊娠・出産の際に支えてくれた、相談にのってくれた友人にも連絡をします。日中働いている方なら、メール等で連絡し、相手側の都合の良い時間を聞くことで、電話する際にも失礼になることを避けられます。

職場への報告

産休などでサポートしてもらった職場への報告は不可欠です。しかし、産後慌てて報告する必要はありません。休みを頂いているお礼も兼ねて、身体や状況が落ち着いてから報告しましょう。

定期的に連絡を取り合っている人には

年賀状でのやりとり等、頻繁にあう訳ではないが、交流のある方には、年始の挨拶などで報告しましょう。その際生まれ月と夫婦、子供の名前を記載する程度で手短に報告するのが無難です。

広告募集中